SSブログ

フォードvsフェラーリ#2 [映画]

最初の爆音でちょっとびびったが、こういうストレートなアメリカ映画、嫌いではない。家族のことも描かれているし、車を見ているだけでも楽しい。それに、エンツィオ・フェラーリのかっこいいことといったら……でぶのフォードや重役陣とは人物がちがうね。シェルヴィーコブラで名高いシェルヴィーがかかわっていたのは知らなかったが、ブレーキやオイルの問題など、レースではつねに極限状態になるから、生死を分ける――緊迫感もある。ちょっと心拍数があがるかもしれない。ところで以前、「オイルを食う」という原文を「ガソリンを食う」と訳していたかたがいたが、これはメカニックでも誤解しがちなことだ。外車は、ガソリンだけではなく、オイルも消費する。日本車のようにオイルがほとんど減らない車に乗っているとわからないことかもしれない。しかし、以前はオイル交換ぐらい自分でやりましたけどね。
nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。