SSブログ

『隠密絵師事件帖』『ひとだま』『赤心』池寒魚 [本・読書]

しばらく積んであった本なのだが、めっぽうおもしろく、たてつづけに読んだ。ときは安政――尊皇攘夷が声高に叫ばれる不穏な情勢のなか、品川の旅籠の用心棒をつとめる絵師の誠之進は、とある藩の隠密もつとめている。幕末の重要人物がつぎつぎと登場する。この人物はじつはアジテーターだったのか、というようなことが察せられて、じつに興味深い。品川というのがまたいい、旅籠の食売女は、酒の相手、夜の相手だけではなく、朝飯もよそってくれたそうだ。旧東海道のあたりを歩くと、多少風情が残っている。実在の寺も出てくるので、地図を覗くのも一興だろう。二冊読み終えたところで、タイミングよく第3作の『赤心』が出る模様。これから楽しみに読もう。
隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

  • 作者: 池 寒魚
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 文庫



ひとだま 隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

ひとだま 隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

  • 作者: 池 寒魚
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 文庫



赤心 隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

赤心 隠密絵師事件帖 (集英社文庫)

  • 作者: 池 寒魚
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 文庫



nice!(1) 
共通テーマ:

nice! 1

LAGギターコインケース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。