SSブログ

『暗殺者の鎮魂』グリーニー [翻訳]

「グレイマン」シリーズはめっぽう面白い。アメリカの冒険小説は、おおがかりな組織や先進的な兵器が登場するものが多いのだが、グレイマンことコート・ジェントリーは、ほとんど徒手空拳で窮地を切り抜ける。今回も手に汗を握る場面の連続だ。

暗殺者の鎮魂 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の鎮魂 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: マーク・グリーニー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: 文庫



nice!(2) 
共通テーマ:

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。