SSブログ

イギリス英語にご用心 その1 [翻訳]

 イギリス英語というのはなんだか変な表現だが、アメリカ英語が主流になっている昨今、こんないいかたをするしかない。クインズ・イングリッシュといえないのは、むろんしもじものお話をするからである。
 elevatorがlift、trunkがbootなんていうのはだれでも知っているが、ベテランの翻訳家でもよくまちがえている「御三家」がある。jumper、vest、trainerの三つである。jumperは「ジャンパー」ではなく「セーター(プルオーバーの)」のことだし、vestは「チョッキ waistcoat」ではなく下着のシャツのこと、trainerは「トレーナー」ではなく「スニーカー」だ。まあ、ほんとうによくまちがえていること……。でも、この三つさえおぼえていればBob's your uncle!
とはいかないよ。まだまだありありのこんこんちき。
 wagonって書いてあるからstation wagonかと思うと、そうではなく、ただのクルマのこと。ステーションワゴンは、イギリスではestateだ。フランス風にbreakなんていうこともある。ミニバンみたいなのはpeople carrierという。
 fry-upは辞書には「ありあわせの炒め物料理」と書いてあるが、イギリス流のこってりした朝食――ソーセージ、ポテト、目玉焼き、ベーコン――のことだ。
 また思いついたら書こう。どうだいよく知ってるだろ――おっと、Touch wood!
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。